ディアトロフ峠事件

ディアトロフ峠事件とは、1959年2月2日にソ連領ウラル山脈北部で男女のグループが不可解な死を遂げた謎の事件である。

事件の発生まで

男女グループ(リーダー:イーゴリ・ディアトロフ)の一行は、スキーでのトレッキング計画を立てて、目的地をオトルテン山に設定した。(男性8名、女性2名の計10名が登山計画に参加)男女のグループは長距離スキー旅行や山岳遠征の経験を有しており、この計画に表立って反対するものはいなかった。

 

一行は目的地(オトルテン山)付近の有人集落であるヴィジャイに到着。1月27日にヴィジャイからオトルテン山へ向け出発した。しかし出発の翌日(28日)にメンバーの一人であるユーリー・ユーディンが持病のリウマチの悪化からグループを離脱することになり、ここでメンバーは9人となった。

 

メンバーの行動が分かっているのはここまでであり、ここから先の行動は最後のキャンプ地で発見された日記やカメラに撮影された写真などを材料に推定されたものである。

 

ユーリー・ユーディンが抜けた後、一行は未開の原生林を進みながらオトルテン山を目指し、31日にオトルテン山の麓に到着し本格的な登山準備に入った。2月1日、一行はオトルテン山へ続く渓谷へと分け入り、ある程度進むと一行はキャンプに適した場所を探し始めたが、山の悪天候によって方向を見失い、オトルテン山の南側にあるホラート・シャフイル山へ登り始めてしまった。彼らはやがてその誤りに気づいたが、なぜか1.5キロメートルほど下方の比較的安全にキャンプできる森林地帯で風雪を凌ぐのではなく、何もない山の斜面にキャンプを設営している。

捜索開始

2月20日、一行から何の連絡もないことを心配したメンバーの親族が救助を要請し、ウラル科学技術学校はボランティアの学生や教師からなる最初の救助隊を送った。

その後は軍と警察も加わり、捜索はヘリコプターや航空機を投入した大規模なものとなった。

メンバー5人の遺体を発見!

2月26日、捜索隊がホラート・シャフイル山で、酷く損傷したテントを発見した。中には誰もおらず、テントは半分に引き裂かれ、荷物は置き去りにされていた。テントは内側から切り裂かれており、足跡が、近くの森に向かって続いていたが、500メートル進んだところで、雪に覆われて見えなくなってしまった。まるでメンバーたちがテントから急いで逃げ出したかのように見えた。

 

切り裂かれたテント

内側から切り裂かれたテント

捜索隊は森のはずれの大きなヒマヤラスギの下で何故か下着姿で靴を履いていないメンバー2人の遺体を発見、木の枝が5メートルの高さまで折られていたことから、メンバーの誰かが木の上に登って、何かを探していたようであった。

 

捜索隊はさらに、ヒマヤラスギから300メートル、480メートル、630メートルと離れた別々の位置で、リーダー(イーゴリ・ディアトロフ)を含む別のメンバー3人の遺体を発見した。その3人の姿勢は彼らがなんとかテントに戻ろうとしていた状態で亡くなったことを示唆していた。

 

ここまでで5人が亡くなっているが、検死の結果は5人とも低体温症による死亡と判明している。

4人の遺体を発見!

残り4人のメンバーの捜索は難航し、発見までに2ヶ月を要し、5月に遺体が発見されている。

残りの4人の遺体は、ヒマラヤスギの木からさらに森に75メートル先にある渓谷の中の4メートルの深さの雪の下から発見された。4人は初めに発見された他の遺体よりまともな服装をしており、これはどうやら最初に亡くなったメンバーが、自分たちの服を譲ったらしいことを示していた。

謎を呼ぶ死因・・・

4人のメンバーのうち1人の死因は低体温症であったが、残る3人の検死結果は異様なものであった。この3人の死因が低体温症ではなく致命傷によるものだったからである。1人は頭部に大きな怪我を負っており、残りの2人に関しては外傷を負っていなかったが、ろっ骨をひどく骨折しており、そのうち1人は舌まで失っていた。

 

ボリス・ヴォズロジデンヌイ博士によると、このような損傷を引き起こす力は非常に強いものであり、交通事故の衝撃に匹敵すると話し 、3人の遺体が負った致命傷は人間の力によることは考えがたいとしている。

 

その他にもこの一行の死を不可解にさせているもので、何人かの犠牲者の衣服に、高い線量の放射能汚染が認められたことや、テント内に残されたメンバーのカメラのフィルムが現像され、ほとんどは彼らの姿を映したものが多数を占めていたが、写真の1枚に判別不可能ながら「光体」のようなものが写ってあったことなどが挙げられる。一行のメンバー達の葬儀に参加したユーリー・クンツェヴィチは、亡くなった彼らの肌の色が「濃い茶褐色」になっていたと回想している。

 

当局の最終的な調査結果は、全員が “抗いがたい自然の力” によって死亡したというものであった。死因審問は1959年5月に公式に終了し、「犯人はいない」との結論で終息している。